FC2ブログ

Old Saltyの日々雑感

日々雑感的に思うところを小さなウソと大きな誇張でデフォルメして掲載中!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっても地味ですが・・・  




とっても地味ですが・・・


みゅーというハンドルネームの方が時々僕のブログを覗いてくれています。
大阪在住の方で『ミュージアムに行きました。』というブログを開設されています。プロフィールには「オッサンがゆるーく綴る、主に関西の博物館・美術館・資料館などの訪問記」とあります。
関西人が他称ではなく自称で「オッサン」といった場合の年齢幅は30~80歳と広いです。つまり年齢不詳。だから“みゅー”さんがどの程度のオッサン度かは不明ですが、妙齢の女性には強い興味を持ちますがオッサンには何の興味もあありませんから、みゅーさんのオッサン度は僕にはまあ、どうもいいです。

ゆるーく綴るとありますが、緩さを超えて、とても地味なブログです。とっても地味。それはミュージアムの日常の姿を紹介しているからだと思います。
われわれが博物館や美術館を自分のブログで取り上げるときは、なにがしかの特別企画展の紹介や、行ってきました!的な記事になります。
『ミュージアムに行きました。』の紹介記事にも多少はそういうものが含まれますが、それが目的というよりも、訪問してみたら特別企画展が開催されていたという感じなのです。
だからあくまでも、「常日頃の姿のミュージアムに行ってみました」なのですね。だから、とっても地味なのです。ミュージアムは館内撮影禁止が多いので、なおのこと地味に拍車をかけていると。僕は逆に、その地味さがいいなあと思っています。

常設展のミュージアムは地元の中にさりげなく生きているという気がしませんか。地元の文化風土の中で息づいているというか。少なくとも、次のようなことは言えると思うのです。
自分が住む町に日本一大きなパチンコ屋があったったとして、それを恥ずかしいとは思っても自慢とは思えませんが、例え小さくてもミュージアムや図書館なら、ちょっとした誇りとして自分の中に存在すると・・・。

137。現在紹介されているミュージアムの数です。動物園や植物園を加えると約150ほどになります。コツコツと巡っていらっしゃるのか、「ヤッホー♪!」と叫びながら走り回っていらっしゃるのかは存じません。オッサンには何の興味もありませんから存じたくありません。
でも、こういうブログを続けていただいていて嬉しいなと思っています。地味ゆえに、かえって地域の文化や季節感を垣間見ることができるような感じがするのです。
これからも、200、300と回を重ねていただきと思うのですね。


コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogtakanotume.blog98.fc2.com/tb.php/467-1a82eb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。