FC2ブログ

Old Saltyの日々雑感

日々雑感的に思うところを小さなウソと大きな誇張でデフォルメして掲載中!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れんこんの餃子  




れんこんの餃子




写真は静岡の国道筋の蕎麦屋の桜海老のかき揚げ天ぷら蕎麦。かき揚げ天の量が半端でなく、蕎麦の量も2人前は入っているという気前の良さだった。しかも値段は600円と格安。味はですね、普通でした。味が普通だったので、蕎麦について語ろうということではありません。



これです。この混沌としたやつ。静岡おでんです。どこに静岡の証があるのかというと、元は真っ白なのに茶色に染まってしまった溝のある練り物、そう、鍋の中に点在する鳴門(なると)に見てとれます。

やたら串だらけとは思わないでいただきたい。領収書は1円からという当たり前のことに議員連中が抵抗する風潮が庶民にも伝わり、食べたおでんの個数を自己申告する際に数を誤魔化す輩が増えてしまったのです。そこで店側は具材の一つ一つを串に刺すことで、客の自己申告よりも串の本数を数えることにしたのである。議員のせいで、おでんが串だらけになったというわけ。ま、串も一緒に食べてしまえば数が誤魔化せる余地は残されているので、歯と胃の丈夫な人は一度挑戦されたし。

このおでん、僕にはとても懐かしい香りがしていました。牛筋出汁の匂いなのです。真っ黒な出汁に牛筋の香り。これぞかつての大阪の関東煮(かんとうだき)。混沌・広東(かんとん)・関東煮なのです。



写真は数日前のわがやのおでん。
知人のブログにおでんが載っていたので、おでんが食べた~い♪となりました。僕のブログにはおでんの写真がよく載ります。「この味がいいね と君が言ったから9月6日~13日までは おでん記念日」と銘打ったおでん週間も過去にはありました。
そういうことなので、長年付き合いのある方は写真の鍋の中に何が入っているかよーくご存知のはずです。

写真には大根や各種練製品しか見えませんが、これは税務署をあざむく仮の姿。鍋の底には定番の牛筋を始め、松茸の松坂牛巻きや雲丹団子、鯨のさえずり、ねぎとら(トラフグのねぎま)ぐじ(あま鯛)の生湯葉包みなどの高級具材が沈んでいるのである。でも見せてあげない。



これは何かというと、お馴染みのキャベツと肉団子のブロバンス風トマトの煮込み料理。単にキャベツと肉団子のトマト煮ではいかにも素材が安っぽそうなのでブロバンス風としただけ。その日の気分でアルル風になったりします。ただし、南仏の海岸近くになると魚介のイメージが強くなるので少し内陸に入った地名がよろしい。とにかく、“風”にしておくのが賢明です。本味醂と味醂風味とは違うもーん、ということね。

突然この鍋が登場したのは、先週はキャベツばかり食べていたからなのです。
いつだったかバラエティ番組の中で「赤ちょうちん」の“キャベツばかりを齧ってた♪”のフレーズを何度もリプレイさせ志村けんと優香が卓袱台の前でひたすらキャベツを齧っているシーンがあって家族全員で抱腹絶倒したことがあり、その時にブロバンス風を作ろうと思ったのでした。

わが家は僕だけでなく娘たちもフォークと阿久悠に強く、赤ちょうちんは耳にタコが出来るほど聞いて(聞かされて)育ちました。正恵が歌う石川さゆりの暖流はカラオケで97点を叩き出すのです。JUJUの「Hold me, Hold you」は87点しか出ないから、そのすごさが分かろうというもの。しかし正恵よ。ギャップを埋めないと同世代の話題について行けなくなるぞ。

このブロバンス風はいつも大量に作るので半分ぐらいは友人たちに配るのを常としていますが、この時はキャベツばかりを齧ってた~♪のフレーズがアタマから去らず、自分たちで完食しようとしたのでした。



日曜の昼から食べ始め、翌月曜は娘たちが休みだったので朝・昼・夜。朝は餅入りで、昼はフランスパンと、夜はたっぷりチーズを乗せジャガイモのニョッキでグラタン風に仕立てて食べました。
むろん合間合間にキャベツばかりを齧ってた~♪の合唱を入れて・・・。

火曜日の朝は全員で食べ、他に妻は弁当に、昼は餅入りを僕だけが食べ、ようやく鍋の底が見え、キャベツ3個、合挽き1.5kg、トマトのホール缶6個、赤ワイン2本、セロリ4本がようやく中鉢1杯にまでになったのでした。〆のその日の夕食は、この残りと、山盛りキャベツの焼きそばという組み合わせ。最後の最後までキャベツばかりを齧ったのであした。



こちらも定番の餃子です。いつもと違うのは大根の水餃子ではなく、蓮根の餃子だということ。写真の中段の右のボウルが刻んだ蓮根。左のボウルはキャベツと白菜。皮は強力粉1kgに水500ccと硬め。豚ミンチは1.2kg。中央の小皿は刻み生姜。他におろし生姜の汁も大匙2杯ほど入ります。味付けはオイスターソースと紹興酒と胡麻油と塩胡椒。



写真では分かりにくいですが、1個で普通の焼き餃子の2~3個分のボリュームがあります。今回は家族4人で3蒸篭、47個食べましたが、最後の1個を食べてもなお美味いと溜息がでたから、今回の餃子はかなり出来が良かったといえます。蓮根の歯ごたえの良いこと良いこと♪





コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogtakanotume.blog98.fc2.com/tb.php/475-d5f48bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。