FC2ブログ

Old Saltyの日々雑感

日々雑感的に思うところを小さなウソと大きな誇張でデフォルメして掲載中!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWモデル  




NEWモデル




2015年夏モデルでございます。
えっ、何のこと?と思われたアナタ。○○年春モデルといった言い方は家電や自動車の専売特許ではございませんですよー。

2015年たかのつめ本舗特製滑らないハンガーなのでございます。今年の流行色、ホワイトで統一してみました。
洗濯物をハンガーに干す場合、襟首が広く開いた衣料は滑り落ちるので洗濯バサミで止めなければなりません。肩紐の細いキャミも同じです。一手間かかって面倒です。ジーンズなどのパンツ類はどうなさってます?物干し竿に直か干しでしょうか。それって限りある洗濯竿のスペースを占拠しますよね。
たかが洗濯、されど洗濯。日々どう干すかと、小さな悩みではありますが、けっこう鬱陶しい思いをしながら洗濯物を干されているのではないでしょうか。

そんなアナタの救世主ともいえるのが冒頭の2015年夏モデルハンガーなのです。
お断りしておきますが、このブログはネットショッピングではございません。したって、ハンガーをご購入いただいても、「今なら穴あきモリブデン包丁をつけちゃう」とか、「20本で3980円のところ、実家のお母様にプレゼントしていただこうと、2セットで同じ価格、3980円でご提供させていただきます。なお、限定80セット、送料は別途必要です」なんて、長い口上は申しません。

余談ですが、TVショッピングもラジオショッピングもどうしていつも「今回ご用意させていただけるのはは80セット」なのでしょう。40や50も多いです。80セットぐらいでは宣伝費すらカバーできないと思うでしょうが心配はいりません。実はアナタの注文が80を超え567番目だということを知るすべはないのですから。倉庫には山ほど在庫がございますしね。だってねあなた、80個限定なのに「発売以来50万個も売れている大人気商品なんです」なんて言っちゃってるのです。毎回80個限定なら50万個売るのに6250回、休まず毎日通販しても17年もかかっちゃいます。80個限定か50万個売れたのどちらか、もしくは両方が嘘ということになりますね。

禁煙サプリや塗って1時間で顔のたるみがピンと張るクリーム、何十年も悩んでいたお通じがたった1週間でウソのように解消なんて商品が姦しく宣伝されているわけですが、最近流行の宣伝手法は、「なんとご愛用しただいた93%の方が禁煙できた」という、「○○%の方が」なんですね。「東京都にお住まいの45歳の男性Aさんは1日60本吸っていたヘビースモーカーでしたが3日目から本数が減り始め1週間で完全に禁煙できた」との感想を送ってくださいました。
「63歳の新潟にお住まいの女性からは、目元と鼻のほうれい線と目尻の皺が気になっていたのですが、このクリームを塗って1時間後には肌がピンと張ってお化粧の乗りもよくなり、先日の同窓会でが友人たちから50歳みたいと言われた」と嬉しい報告がありました、なぁんて言っちゃってわけです。

ま、これはよしとしましょう。でも、「今回、特別キャンペーンにつき30日分のサプリ(あるいはクリーム)を特別にもう1個、約60日分を、お値段そのままの、8960円の特別価格でご提供させて頂きます。」と言うのを聞くと、オイ!オイ・マリ・ヒョッポや!と思ってしまうのですね。(オイ・マリ・ヒョッポにつては韓国ドラマ「朱蒙」をご覧ください)

1週間で完全に禁煙できるサプリを、念のため30日分というのは分かる。でもね、60日分はイラン・テヘランだろ。ベルリン・バラライカだろ。1個余分につけなくていいから半額にしろ言いたくなるじゃないか。
さらに不思議なのは、そんなこんなのCMに釣られて商品を購入した人のほとんどが、効果のあった93%ではなく、残りの7%の中にひしめき合うこと。ガラ空きの女性専用車両の隣のすし詰めの一般車両を見ている思いです。

ものすごく脱線してしまいました。話を戻しましょう。
このハンガーはまったく滑りません。ほら大丈夫でしょ。(見えないでしょうが、今実演中で、ハンガーに妻のキャミソールを掛けて振ってます)
シリコンコーティングしてあるのです。あまり綺麗な仕上がりでありませんが、自家製だとこれが限界なのです。市販の滑り止め加工のハンガーは5本で800円も千円もします。買うのはちょっとバカらしいので自作しているのです。わが家は物干し竿もシリコン加工しています。海のそばなので風が強くて普通の物干し竿のだと洗濯物が片方に吹き寄せられたり吹き飛ばされします。それを防ぐために竿にも滑り止め処理をしているわけです。

ハンガーは百均の針金ハンガー。7本で100円のハンガーを使っています。前回は10本100円のハンガーを使いましたが針金が若干細く硬度不足でした。
もう何度も作っていますが毎回試行錯誤です。針金ハンガーに風呂や窓などの目地に使うシリコンを塗るだけのことなのですが、粘度の高いシリコンを滑らかに綺麗に塗るのは難しいのです。前々回は薄め液で希釈し刷毛で塗ってみました。仕上がりは綺麗でしたが粘度が落ち1週間で剥がれてしまいました。
綺麗にコーティングできないので見た目がよくない。これがマイナス点です。もう一つ、ビニールコーティングされた針金ハンガーへの重ね塗りなので剥がれやすく、半年後ぐらいから徐々に剥がれ始めてきます。寿命が1年ほどなんですね。



写真中央は2015年夏モデルチェンジタイプです。2013年冬製(左)の赤色ハンガーに重ね塗りしランクアップさせた、いわゆるジャパネット・タバタタイプ商品です。
タバタといえば田端義夫、知られざる大歌手でした。いつも「オッス!」と手を上げながら舞台に登場し、バタやんと親しまれておりましたね。えっ?ご存じない。さよか。

バタやんとはまったく関係ありませんが、バッタもんという言葉がございます。正規の商品ではなく裏商品とういうか、倒産品とか処分品、偽物ではないが本物でもないというか、そういう商品のことをいいます。パッチもんという言葉もあります。これはマガイモノ、偽物という意味です。共に関西の言葉。

誤解がないように書いておきますが、ジャパネット・タカタではございません。ですのでタカタの商品がバッタもんと言っているのではございませんですよー。
タカタではなくタバタでございます。でもタバタの商法はタカタ商法と似ております。型落ちした商品に新たな機能を付けて安く売るという商法です。家電メーカーや情報機器メーカーの新商品開発速度は速いです。異常に早い。春夏秋冬、ほぼ年に4回新製品が登場します。新製品が出ると、旧製品は一気に色褪せ二束三文になってしまいます。だからといって量販店で安く叩き売るわけにも参りません。なぜなら旧製品と新製品に驚くほどの大きな差があるわけではありませんから、旧製品を格安価格で投げ売りしては新製品が売れませんからね。

メーカーは過剰生産した製品の処理に困ります。リサイクルして使える部品は再利用するにしてもたがが知れています。結局最後は廃棄処分です。
そこへ「オッス!」とタバタおじさんが登場するのです。引き取りましょうと・・・。
旧製品に2つ3つ新機能をつけて「メーカーと共同開発」と銘打ち、消費者のココロをくすぐる文句で引きつけ「タバタオリジナルモデル」として新製品のように、しかも量販店よりも安い値段で売り出すわけです。しかも金利ゼロ。買いたくなりますね。メーカーは不良在庫を買って貰えて大助かりではなりませんか。

タバタのおじさんは太っ腹です。TVを買ってくれたら不用なTV、掃除機なら不用な掃除機を3万円とか1万円で下取っちゃう。映らないTVもゴミを吸い込まない掃除機も下取っちゃうと、甲高い声で連呼しますから消費者が飛びつくわけですね。それでなくても安いのに下取りでさらに安くなる。これってすごいことですが、下取りしても採算が合うほど、タバタのオジサンはメーカーを叩きまくって安く買っているわけですね。
メーカーも、タバタのおじさんも、消費者も三者三得。いいシステムです。消費者が最新機能を少し我慢さえすれば・・・。

わがやのTVはタバタのおじさんから購入しました。カーナビも同じ。
共にほぼ満足しています。TVは46型大画面。大きすぎないかという夫や娘たちの声をスルーし妻が強引に決めました。狭い部屋に大画面TV。妻が娘に「近すぎる。離れて見なさい」と注意するので、娘たちは壁や襖にヤモリのように張り付いて見ております。
その姿勢で長時間見るのは苦痛なので娘たちはあまりTVを見なくなりました。その点では大画面にしたのは正解でした。
ただね、それでなくても大きな高橋英樹の顔がデカイ。馬鹿でかい水戸黄門の金髪のカツラが眩しすぎるであります。蚤のオシッコもダニの屁さえ見えちゃいます。

購入したTVは大画面でスピーカー付きのTV台、さらにブルーレイディスク対応のDVDレコーダーが付き、TVの下取りもあり、けっこう安い購入となりました。
しかし、購入して分かったのはTVもDVDレコーダーも旧モデルだったこと。USBコネクターがないので外部機器と繋げないので、Bluetoothを使ってPCやスマホからTVで画像や音楽の再生ができないとか、複数の録画機能を持たないので同時刻の番組の同時録画ができないといった不自由さがあります。全体的には概ね満足していても、世間では普通になっている機能がないというのは結構ストレスになってます。

カーナビのゴリラも当時(3年前)としては安く購入できていますが、当然可能と思っていた3電源方式が2電源。つまりバッテリー電源不可のために徒歩ナビとして使えません。
周りでは出来ていることが新品なのに出来ない。これってちょっと気分がよろしくありません。
タバタおじさんの商品は全てこんな感じと思っていいでしょう。オリジナル最新掃除機も洗濯機も、旧モデルに、有っても無くてもいいような新機能を付けた商品といった感じ。掃除機に最も重要なはずの吸引ワット数が旧モデルだから低いといった、最新ではない最新機種なわけで、それを承知で買うならともかく、吸引力も最新と思って買ったなら騙された感を持ってしまう。冷蔵庫もエアコンも、そうした点を承知の上で購入すべきでしょう。ただ前述したようにそれほど時代遅れではない旧モデルを安く、しかも金利ゼロの分割で買えるというのは納得のできる買い物といえましょうか・・・。

ハンガーがあらぬ方向に行ってしまいました。
今回の2015年夏モデルには2つの特徴があります。1つは職人(僕)が面倒くせぇと毒づきながら、シリコンの着きがいいようにとビニールコーティング部分に1本1本丁寧に60番のサンドペーパーをかけていることです。



2つめは少し上等なシリコンを使っています。前回まで(写真左のハンガー群)はクリアタイプの安いシリコンでした。今回は価格が倍(とは言っても1本400円)のものを使用。粘度が少し強いので保ちがいいはずなのです。

このシリコンハンガー、見た目は綺麗ではありませんが機能的には優れもので、洗濯物だけでなくクローゼットでも使ってます。ずり落ちず使い勝手がいいです。

完全手作りの、好評につき累計120本も制作された「たかのつめ本舗の滑らないシリコンハンガー2015夏モデル」
今なら、穴あきモリブデン包丁をお付けして80セット限定で・・・。

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogtakanotume.blog98.fc2.com/tb.php/487-9d3c4bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。