FC2ブログ

Old Saltyの日々雑感

日々雑感的に思うところを小さなウソと大きな誇張でデフォルメして掲載中!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名は体を表す  




名は体を表す


名は体を表すという。
表し方を間違ったのが「ゲスの極み乙女」かと。

「ゲス」とは、この上なく下劣で品性が卑しいさま、人として最低であるさま意味する言葉。ゲスに極みが付くと、これより低劣な者は他にいないほど品位を欠くといった意味になる。この言葉が該当する業界といえば主に芸能界だが政界にも多い。なにしろわが国は下着ドロでも大臣OKだからね。

ゲスの極みな日本のミュージシャンの筆頭として僕の記憶に残るのはコットンバック・タイガー(判じ物名)だ。この男、他人の彼女や人妻をナンパするのが趣味。この低俗なロック歌手にナンパされる方も方だとは思うが、この男、ナンパした相手を実名入りで自慢気に吹聴するのだ、寝取ったと。ゲスなヤツである。

川谷絵音とベッキー。ゲスだなと思う。
芸能界に限らず不倫は一般社会でも普通に起きていて女性の4人に一人は不倫経験があるという。離婚率は8組に1組にまでなっている。離婚理由の1位は男女とも性格の不一致だが夫の申し立て理由の2位は妻の不倫。妻の申し立て理由の2位はDVで3位が夫の不倫。かくも不倫率が高い。

川谷絵音とベッキーの不倫もそんな多数の中の一つといってしまえばそれまでだが、新婚間もないことや離婚の決着がついていないのに川谷の実家に挨拶を兼ねた旅行に行くなど、そして業界の常套手段ではあるが不倫を否定するなど、様々な影響や被害を与えた周りの人々への誠意や真心がない。

男と女の関係は交通事故と同じで、ゴールド免許であろうとなかろうと、既婚未婚に関係なく、突然、出会い頭に正面衝突することがある。問題はその事故への対処方法だ。
被害者を放置したまま逃げるか救急車を呼ぶなど速やかに対応するか、とにかく精一杯の行動を取るのが誠意・倫理に則した行動だ。不倫ではなく単なる友人だと偽証するのは被害者を放置した轢き逃げ行為以外のなにものでもない。

そんな不倫を、カンニング竹山などベッキー擁護派は異口同音に「いい子なんですよ。今回だけは勘弁してやって」的なことを言っているが、いい子は不倫などしない。既婚者であることを、既知の上の不倫だから確信犯ではないか。どこがいい子なのだ。
もし今回の事件が酒井法子のような麻薬がらみだったら「いい子なんですよ」と弁護しないはずだ。
擁護派は不倫を倫理にもとる行為だと思っておらず、また身辺に多くの不倫が存在していて感覚が麻痺しているのだ。

赤信号、みんなで渡れば怖くないのは事実だが、みんながやっているからといって信号無視には変わりはないのだ。
負のコンフォーミズム(順応主義・画一主義)に流され過ぎなのである。

冒頭で「ゲスの極み乙女」は名の表し方を間違ったと書いた。
バンド名の命名者の川谷絵音がゲスあるいはゲスの極みの意味を知らなかったとは思えないから、奇をてらったバンド名にしたのは音楽に対する何らかの想いがあったはずだ。
彼には既存の音楽がゲスに思えたのかもしれない。“アンタたちから見たら俺たちの音楽はゲスに聞こえるかも知れないネ”といった皮肉が含まれたネーミングだったのかも知れない。既存音楽に対するアンチテーゼ、あるいは新風を吹かせてみせるといった想いが込められていたネーミングだったのかも知れない。好意的に解釈すれば・・・。

ところがそんな思い入れとは無縁の、手垢にまみれた通俗的な不倫騒動で名を売ったわけで、しかも、単に不倫(ゲス)ではなく轢き逃げ的不倫(ゲスの極み)という、見事なまでにその名で体を表した。
ゲスの極み乙女はバンド活動を続けているしベッキーも素知らぬ顔で番組に出ている。
まったくもって、ゲスの極みである。


LINEのやり取り(2016年1月5日:謝罪会見前日)
ベッキー: 友達で押し通す予定!笑 ( 謝罪会見のこと)
川谷  : 逆に堂々とできるキッカケになるかも
ベッキー: 私はそう思ってるよ!
川谷  : よし!
ベッキー: そうとしか思えない。
川谷  : ありがとう文春!
ベッキー: オフィシャルになるだけ!
ベッキー: ありがとう文春!
川谷  : 感謝しよう
ベッキー: うん!
ベッキー: それに不倫じゃありません!
川谷  : うん!
ベッキー: 略奪でもありません!
川谷  : うん!
ベッキー: センテンス スプリング!(文春?)
川谷  : 長崎手繋ぎデート
ベッキー: 長崎不倫旅行
ベッキー: 楽しい春と夏になるよ
川谷  : 遠恋だと思って過ごす
ベッキー: えんれん



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogtakanotume.blog98.fc2.com/tb.php/517-c2ab64b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。