FC2ブログ

Old Saltの日々雑感

日々雑感的に思うところを小さなウソと大きな誇張でデフォルメして掲載中!

見えないモノに目を向けないと  




見えないモノに目を向けないと


空前の猫ブームなのだそうだ。経済効果は2兆6千億円にもなるという。空前の犬ブームが右肩下がりに転じる中、ついに猫が抜いた。正しくは猫派が抜いた。

「うーむ。これは由々しきことだ」とソフトバンクの孫正義が嘆息した、かどうか。

空前の犬ブームに便乗し犬をタレントに使ったCMで伸ばしてきた売上が下降線をたどり始めたからである。夢をもう一度、芸能界とCM界は柳の下にドジョウは2匹と、テコ入れに、スピッツ系の小型犬ポメラニアンを起用し、犬派の心情を再び揺さぶる作戦に出たのである。だがこれはマーケティングミスである。目先の効果は期待できても所詮は先細りだ。犬ブームの再現を狙ってもダメなのだ。後述するが犬派はある理由があって市場の拡大は無理なのである。

キャンキャン煩い小型犬のCMというと、思い出すのはサラ金企業アイフルのCMのチワワだ。あの犬、名前はなっだっけ。くうちゃん?
この、犬派を痛く刺激したCMが犬ブームの火付け役になった。われもわれもと犬を飼い始めたのである、アイフルなどのサラ金で金を借りて・・・。

あれから15年。いま、そのおかげてボロ儲けしているのが過払い金請求代行の弁護士事務所や司法書士事務所だ。「昨年度100万円以上の過払い金返金返金があった人は1万人以上!」のCMを垂れ流しているアレだ。1万人以上!が本当なら、司法書士新宿事務所の阿部亮は年間、100万円☓1万人以上☓20%(手数料)=20億円以上も稼いでいるのだ。こういうのを他人のフンドシで相撲を取るという。

大手サラ金業者はサラ金というダーティなイメージを拭うため都市銀行とタイアップし健全経営の体裁を整えた。「無理のない返済計画で借りましょう」と心にもないセリフで健全さを謳う。パチンコ業界の言う「パチンコやスロットは適度に楽しむ遊びです。のめり込みに注意しましょう」と同じだ。これは管轄庁・署からの指導によるもの。サラ金業界は借り過ぎ、パチンコ業界は遊び過ぎこそ大歓迎なのだから自ら自粛を促すようなことは言わない。見て見ぬふりの関係省庁も指導のフリをせざるをえないほど多重債務者が多いということだ。「読書の秋」の逆のケースだ。読書の秋など嘘もいいとこで、秋が最も本の売上が落ちる時期なのである。だから本を売るために「読書の秋」のキャンペーンを張ったのだが、それが定着して読書の秋になったに過ぎない。

サラ金と手を組んだ都市銀行にもメリットがある。堂々とサラ金業者に融資することで大きな利益がでるからだ。つまり汚れ仕事はサラ金まかせという隠れ蓑効果。
ご存知かどうか、是正されたとはいえ銀行金利に比べたらサラ金の金利は暴利以外のなにものでもない。
僕自身、会社を立ち上げた頃に資金繰りに苦労したことがあってサラ金数社から借りたことがある。1社30万円程度で4社だったと思うが、この僅か120万円の金を返すのに四苦八苦した覚えがある。金利が半端ではなく元金が減らず3年ほど金利をだけを払うような状態が続いた。幸い経営が上向き、銀行にからの信用がつき融資が受けられるようになったのと大きな受注があったことからサラ金の借り入れを一括精算することができた。運が良かったとつくづく思っている。運という言葉を使うほど、サラ金地獄からぬけ出すのは苦労するということだ。だからサラ金から借金するのはやめましょう。お気に入りのタレントが甘い言葉で誘っても・・・。

ま、この話はこれぐらいにして、世間には犬派と猫派が存在する。ソフトバンクのCMは犬派に偏ったものなわけで、猫派を捨てる決断をさせたほど犬派市場が大きかったということなのだ。その犬派市場に陰りが出始め柳の下の2匹目のドジョウを狙ってポメラニアンを起用した。起用が功を奏するかどうかだが、ある理由があって市場の拡大は無理だと書いた。



その理由は、猫派よりも犬派の平均寿命の方が短いからなのである。そんな話を酒を飲みながら長男としたのだった。
写真は我が家の長男のポンズ。酒に弱いのでコップに足をかけてだらしなく寝てますが。

なぜ犬派の方が猫派よりも平均寿命が短いのか。
猫を飼っていれば分かるが、体調が不良になると普段呼んでも見向きもしない猫が擦り寄ってくる。先日の、次女が風邪でダウンした時も擦り寄っていた。普段は近づきもしない妻のベッドの上で3日間ほど昼寝をしていたことがあって、4日目に妻がインフルエンザでダウンしたから、猫には体調不良の予知能力もあるのかも知れない。当然だが最も擦り寄って来る相手は僕だ。いつも体調不良だもの。

これはなぜか。猫は陰気の“陰”が好きなのだ。陰を吸い取りるのだ。犬は逆に、陽気の“陽”が好きなのである。だから元気な人の気を吸う。
動物の中で唯一恐ろしい化け方をするのが猫である。化け猫ですね。化け犬って聞きませんでしょ。チワワが化けて出てきても怖くないもんね。でも猫は怖い。なぜなら陰気を吸っているから。

昔から怪談物では必ず猫が登場する。行灯の油を舐めてニヤッと笑うと真っ赤な口が耳まで裂けて、丁度その時、なぜかお寺の鐘がごお~~~んと鳴る。

猫が化けるのは陰気や毒気を吸っているからだが、これはつまり、陰気や毒気を吸い取られた方は健康になるということ。逆に、犬は飼い主の陽気を吸い取る。陽気を吸い取って「元気だぞう。散歩に連れて行けー♪」三昧なので、飼い主は陽気を失い長生きできない。
日本は高齢で少子化。ソフトバンクが犬キャラで携帯を売ろうとしても犬派は短命だし若者市場のパイは少ない。これが犬で売るのは先細りだという理由だ。

犬好きの人と猫好きの人のどちらが長生きしているかというと、猫好きの方が20歳以上長生きするはずなのだ。確証的な裏付けデータは無い。
無いが、縁側で老婆が膝の上に猫を乗せて居眠りをしている光景はよく見かけても、縁側で老婆や老爺が膝の上に土佐犬や秋田犬を乗せて居眠りをしている光景を見かけることって、ありますぅ。無いでしょ。
これぞ犬好きが短命であることの確たる証拠なのである。

えっ、単に重いからだろうって。さあ、ニャンとも言えません。


ニャンとも言えませんが、次のようなことは言えると思う。
見えないモノを見る目を養うことが大切だということを。かつて伊達政宗は言った。
「小十郎よ。わが隻眼はモノを見ることができぬ。だが、人の心が見える」と。

堅い話はこれぐらいにして、見えないモノを見ようとすると、何の変哲もない一枚の写真からでも見えてくるものがあるという例を示しておこう。



女が、海を見つめている。
女は、茫漠と広がる海の彼方を見ている。海の彼方に思いを馳せている。
身体が少し左に傾ているのは撫肩でショルダーバッグがずり落ちやすいのか、骨盤がゆがんでいて体幹が斜めになってしまうのか、重すぎるバッグを支えるために肩に力が入っているかのどれかだと思うが、そういうことに気づかず女は、茫漠と眼下に広がる海の向こうを眺めている。

女が立っているのは沖縄の岬の絶壁なのである。
絶壁の端に立っているから、背中をポンと押してあげたいなと思ったとしても、実行してしまうとサスペンスドラマになり船越英一郎や片平なぎさの登場を待たねばならないので、我慢しなければならない。

女が無防備に背中を晒しているのは背後を心配していないからだ。だって、背後に心配事を山ほど抱えているゴルゴ13は絶対に背中を見せないからね。

この写真は後ろで優しく見守る誰かが撮った。
たぶんそれは恋人か生活を共にしているパートナーなのだろうと思う。もしも女友達だとしたらアート心のある友達である。普通の友達なら旅行のスナップ写真で友の後姿を撮ることなどはまずない。
後ろで見守っているのが男だとすれば、男は海の彼方を眺めている女を愛しく思い、ついシャッターを押してしまったのである。
でなければシャッターではなく背中を押したはずだ。背中を押していれば船越英一郎や片平なぎさが登場するのだが、船越や片平は主に小京都近辺を管轄にしているので沖縄までは出張しない。いや、何作目かの時に来たことがあったかな?あの時は片平ではなく名取裕子だったっけ?

ま、それはよろしい。
女は、絶壁に立ち海風に吹かれながら水平線の彼方に何を見ているのか。過ぎ去った昔の思い出なのか、それとも明日の夢なのか。
服の背中の皴の付き方でその人となりが分かると、さる高名な背中の皴評論家が言ったが、この女の麻70%ポリエステル30%混紡の上着の背中の皴は何を語りかけているのだろうか。

船を見つめていた 浜のキャバレーにいた 上海帰りのリル なのである。
リルは、夢の四馬路(スマロ)の霧降る中で 何も言わずに別れた瞳 なのだ。

女はリルのように、憂いを含んだ表情で海を見つめているのではあるまいか。
どんな表情だろうと、誰もが思うに違いない。そう思わせる後姿である。
だから、振り向いてもらいましたのさ。



「・・・」

別府葉子さんかい?
こんな写真を堂々と晒すあなたは、ほんに心の可愛い女性です。

コメント

見えないもの

一獲千金!人のふんどしで、相撲を取るような・・・何かないかなー?

目に見えない物を見てみよー
人のふんどしには、目に見えない菌がいっぱいかも!

イカのひもの #FsrDj.SA | URL
2016/04/06 23:06 | edit

イカのひもの さん

今日の記事は、フンドシの菌をみようという話ではないのですけどね・・・。
ま、たしかにあの辺りに菌が増えると
陰毛痒ゆい痒ゆい粗にして漏らさず になりますね。
ん? 天網恢恢疎にして漏らさず でしたね。(笑)

たかのつめ #m5nORXto | URL
2016/04/07 10:36 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://blogtakanotume.blog98.fc2.com/tb.php/526-22a08dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top